Open Source Sofware

金融機関との付き合い方、変えてみませんか|結婚式なら東京ウェディングコレクション

東京ウエディングコレクションロゴ

花嫁エールコンテンツ

金融機関との付き合い方、変えてみませんか

「金利」という言葉ご存知ですよね。

お金を金融機関に預けて一定期間経過した後、預金者が受け取れる増えた分のお金のことで「利息」とも言います。例えば金利3%で100万円のお金を1年間預けると元本の100万円と3万円を返してくれる事になります。銀行預金や、財形貯蓄、個人年金保険などの金融商品はこの金利を約束してくれるものであるのはご存知のとおりです。

 

 話は変わりますが、金利3%というとその金融商品に100万円を預けた場合何年立つと預けたお金が倍の200万円に増えるか分かりますか。答えは24年です。金利が9%であれば8年で倍に増えます。

実はこの日本において第2次世界大戦が終わった1945年から1990年の半ばごろまで金利は3%より高い状態で一時は10%を越えていたこともあったのです。信じられますか。私たちの親やおじいちゃんの時代は、一生懸命働けば給料は上がるし、黙って金融機関にお金を預けておけば元本確保の上金利がたくさんもらえる事でお金がどんどん増えたのです。子供は大學に、家も建て車も買い、家族の幸せを手に入れて来れたわけです。

 YUKI_kodomookane15144623-thumb-815xauto-18876.jpg

さて今の時代、金利は大手メガバンクに預けても0.0いくつ%の金利水準です。例えば0.02%と仮定するとお金を倍にするには、なっなんと3600年の時間が必要になります。3600年後?我々の子供の、その孫の・・・・・・・・・またその孫の孫の時代、うんざりしますね、要するにお金が増えないのです。給料面でも日本のサラリーマンの所得はこの16年間殆ど上がっていません。お父さんやおじいちゃんの時代背景とは真逆の環境にあるのです。

 

それなのに日本国民の大多数の方は金融機関との付き合い方を変えていません。お父さんやおじいちゃんの考えた常識そのままを踏襲し続けています。

給料が増えなくても、銀行にお金を預けてお金が増えなくても色々な人生の幸せを叶えていく事が出来るのでしょうか。ひょっとして打ち出の小槌でもお持ちならまだしも、行動を変えていけない人を見るととても心配になります。逆に行動を変えることでお金を殖やしている方がいるのも事実です。過去の常識はもう変わりつつあるのです。

?ELL86_yasasiihikari-thumb-815xauto-12413.jpg

お金の世界は算数の世界といっても過言ではありません。金融商品には特性があり私たちの目的に応じて選択をしていく必要があります。これを誤ればせっかく汗水して稼ぎ出した自分の大切なお金を台無しにしてしまう事になります。なるべく早くこれに気づき行動を変えていくことがとても大事です。

協賛社:マネースクールUNO

http://msuno.jp/

金融機関との付き合い方、変えてみませんかのページです。

ウエディング、ブライダルなら結婚式・結婚式場・結婚準備の総合サイトのウエコレにお任せ!

ウエディングドレス、結婚指輪・婚約指輪、フォトウエディングから結婚式費用、ブライダルフェア、ブライダル相場まで丸わかり!

二次会などの会場探しも充実♪納得の結婚式をサポート!

トップへ戻る